毎夏恒例、清水公園アクアベンチャー。



毎夏の恒例、高校の同級生一家が住む千葉県野田市に遊びに行きました。


そして毎夏の恒例になってきた、清水公園のアクアベンチャー&巨大迷路遊び。




パラソル下で待っている親は、とても暑いのですが…

ここで遊ぶ子供達は気持ち良さそう。



途中で、巨大迷路に行って




暑くなったらまたクールダウン。

あまりの暑さに、久しぶりにICE BOXを買い、スプライトを入れて飲んだら、生き返る〜…と呟いてしまったくらい美味しかった。

ここが子供の遊び場じゃなければ、本当は、氷結を注ぎたいけどね。



千葉限定デザインのコーラも。

入場プレゼントのシャボン玉もして

水遊びしながらとは言え、炎天下で3時間、よく遊びました。

アクアベンチャーのあとは、日帰り温泉に寄って、滝汗かいていた大人たちもサッパリ〜というのも、恒例コース。

この時にはもう夫はシンガポールに戻っていたので、友達の旦那さんにチビ男子たちをお願いして男湯に入れてもらい

女性陣は女湯で、ゆったりのまったりのんびりさせてもらいました。


女性陣より先に出たチビたちは、キッズルームで、また汗かきそうなくらい遊んでいた。


友達宅で夕飯。

息子は、友達の子供達のベッドで一緒に寝かせてもらって、嬉しくて嬉しくて、みんなでベッドで跳ね回っていた(一戸建てって素敵…♪)。


大人は、夜中まで、ゆっくりお酒を飲んで…

この日は友達の誕生日。

知り合ってから、もう25回目の誕生日おめでとうを言えることに

早いねぇ、年取ったねぇ、、

でもいつになっても、同級生と祝う誕生日は幸せです。

これからも元気に同じ年を重ねてゆきましょうね。






翌朝は、庭で虫取りして、トマトを採って…まるで絵本のような夏休み。


おしゃれなホットプレートBRUNOで、パンケーキを焼いて

前の晩に温泉で、いつの間にかもらってきていた紙コップで、糸電話を作って遊んでいた。



「この糸がシンガポールまで伸びたら、ずっと話していられるのにね」



なんて、可愛い会話が聞こえてきた。


無料通話アプリで、wi-fiで、いつでもどこでも繋がれる時代だけど

目に見える糸で繋がる電話は、子供達にも知っていてほしいと思う。


そして、目に見えない糸で繋がり続ける絆も、大切にしてほしい。



楽しい時間が長い分、別れもつらい。

またシンガポールにも遊びにきてね!



Familytravelog,Our Singapore Life.

2017年からシンガポールに住んでいます。【メッセージはfamilytravelog@gmail.comへお願いします】

0コメント

  • 1000 / 1000