ひこうき雲



夕方、息子のスイミングを見ている時に、ふと空を見上げたら、美しい飛行機雲が伸びていました。



松任谷由実さんの、ひこうき雲という曲を思い出し

この映画を思い出した。


この映画の受け止め方は、観た人それぞれだけど

災害、戦争、病、どうにもならない時代や環境の中でも、何かに情熱を傾けることが、生きるということなのだと考えた作品。

それが正義であろうが、善であろうが、悪であろうが。





(映画のネタバレになってしまいますが)


物語の終盤、二郎が設計した戦闘機の試験飛行の日、結核で病床につく菜穂子が身支度をして家を出るシーンがあり


あぁ、病の身体をおしてでも、二郎の飛行機が飛ぶのを見たいわよね、そうだよね、うんうん、、みたいな気持ちで見ていたら


菜穂子は二郎の試験飛行を見に行ったのではなく、一人静かに療養所に戻って行く…という展開に、私はけっこう衝撃を受けたのですが



「試験飛行を見に行こうというのは、オカンの発想だ!」



と笑われた。



確かに、、、。



いいんです、オカンとして子育てに情熱を傾けるのが、今の私の生き方なのですから。





Familytravelog,Our Singapore Life.

2017年からシンガポールに住んでいます。【メッセージはfamilytravelog@gmail.comへお願いします】

0コメント

  • 1000 / 1000