Familytravelog

記事一覧(178)

KTM Shuttle Tebrauに乗って、電車でシンガポールからジョホールバルの国境越え。

マレー鉄道、KTM。シンガポールでは2011年にマレー鉄道が廃止され、今ではブキティマの辺りに線路だけが残されていますがシンガポールの北部ウッドランズ CIQからマレーシア・ジョホールバルのJB Sentralまでの短い距離を走るShuttle Tebrauだけは残っています。シンガポールとジョホールバルを行き来するのは、バスか乗用車・タクシーという方法を使うのが一般的。シンガポールからジョホールバルは、外国でありながら、日帰りで簡単に行き来することができるので、イミグレが空いている平日に、子供が学校に行っている間の6時間くらいでジョホールバルに行って、マッサージとネイルとランチ!という母たちもいるくらいですが曜日や時間帯によって、特に週末などはイミグレに3時間以上もかかる時もあり、道路も大混雑でなかなか進まず、簡単に「家族で週末ジョホールバル」とはならない気がします。我が家は去年、シンガポールのイミグレはすぐ通過できたけれど、マレーシアのイミグレが全然動かず3時間もかかり、凝りてしまってしばらく行っていませんでした。ところが、どんなに混雑している時期でも、そのイミグレ待ちや渋滞に影響されない方法が、このシャトル・テブラウ。鉄道での国境越えは、専用のイミグレを使い、イミグレのゲートが開いてから30分間で1本の電車の満席分の全員がイミグレを通過でき、電車が出発するシステムになっているので、この電車のチケットさえ購入できれば、旧正月だろうが、連休だろうが、するっとシンガポールとジョホールバルを行き来できる仕組みになっています。シンガポールからジョホールバルまではS$5。我が家は、週末にジョホールバルに行く場合は、イミグレまでの渋滞を避けるために、バスでウッドランズCIQに行くのではなく、トレインチェックポイントまで行って、歩いてシンガポール側のイミグレまで行くという方法を取ることがあるのですが、その時によく陸橋部分からこのシャトルテブラウが停まっているのが見えるので、いつか乗ってみたいと思っていました。

シンガポールの思い出話@National Kitchen by Violet Oon

GWの頃のことですが夫の新卒入社時代の会社の後輩一家がシンガポール旅行にいらっしゃったので、一緒にディナーを食べに出掛けました。この方、約30年前に、お父様の赴任で7年ほどシンガポールに暮らしていたそうでなんと、今うちの息子が通っているインターナショナルスクールに在籍されていたのです。私たちがシンガポールに移住することが決まってから、「子供の頃シンガポールの日本人学校に通っていました」「早稲田渋谷に通っていました」というパパママには、ちらほら会ったのですが同じインター校に在籍されていた方には初めてお会いしたので、色々と懐かしい話を聞くことができました。12才でシンガポールに来てインターナショナルスクールに入学し、3年目で別の学校に転校し、5年目に両親は日本へ帰任。この方は1人でシンガポールに残って2年間高校の寮に入り、卒業して日本へ帰国。初めから、日本の中高には戻らない、シンガポールで高校まで卒業すると決めての来星だったのだとか。シンガポールに駐在し、その数年間、子供をインターナショナルスクールに通わせる場合、気になるのは「その後」。英語はどこまで身につけられるのか、帰国後はどこまで維持・上達できるのか、英語と日本語を並行するための勉強はどうしたらよいのか、インターナショナル教育を受けて日本の教育に戻るためにどのようなサポートが必要なのか…それは子供の年齢によっても違うし、親子ともに常に悩みながらの学校生活になると思いますがシンガポールのインターナショナルスクールで7年間学んだ方の、30年後の現在のお話は、とても興味深いものでした。学校にも寮にもエアコンがない、インターネットもない、そんな時代に海外で学ぶことを貫き、17才で家族と離れて1人で残る選択をした方にとってのシンガポールは、まだ私には見えていない風景なのだろうと思います。そんな方と、どこでディナーをしようか?!…悩みましたが伝統的なシンガポール料理を食べましょう、ということで、ナショナルギャラリーに入っているNational Kitchen by Violet Oonを予約しました。

Vesak Day

この週末は、Vesak Dayがらみの3連休(実は息子の学校がもう一日休みで4連休になるのだと、直前に知ったという間抜けな母でありますが…)。Vesak Dayって?去年は息子の学校がこの期間ガッツリとホリデーになっていて、この祝日を知らずに過ぎてしまって…あとになって、どこかのクラスで子供たちが橙色の布を着た発表会をしていて、シンガポールにVesak Dayという祝日があることを知ったのでした。Vesak Dayは、お釈迦様の誕生を祝う日。多民族国家シンガポールでは、様々な宗教の行事が祝日になっていますが、中華系の正月Chinese New Year、インドのDeepaVali、イスラムのHari Raya Haji・Hari Raya Puasa、キリスト教のChristmasと同じように、仏教のお祝いがVesak Day。大乗仏教が伝わった日本では灌仏会(花祭)にお釈迦様の祝いをしますが、お坊さんが橙色の法衣を着ているタイ・スリランカ・ミャンマーなどの国では、この日をお祝いするのだそうです。今年は5月19日がVesak Dayでしたが、前日の夜に寺院にお詣りする習慣があると聞き、18日の夜に出掛けてみました。調べてみると、シンガポールの中華系寺院でもお祝いをしているようですが、いつもバスで通る時に気になっていた、ブキメラにあるタイ寺院・Wat Ananda Metyarama Thai Buddhist Templeへ。

【オーストラリア・パース旅行】旅先で初めてナッツアレルギーを発症、パースで日本語医療センターへ行く。

一週間のパース母子旅、天候にもほぼ恵まれ、初めての地で様々な体験をして満喫してきましたが、5日目に息子が緊急で病院に罹るというアクシデントがありました。ホテルのチェックインの際にいただいたウェルカムクッキーを一口食べた直後に、口の周りと首に発疹、喉のつっかえ、鼻詰まり、目の充血を起こし、食物アレルギー発作だと気付いて、すぐにUberを呼んでパースの日本語医療センターへ。クッキーに入っていたナッツ(おそらくクルミ)のアレルギー発作でした。異常を感じてから、15分後には病院で診察を受けることができたのは、旅に出る前に病気や怪我の際の下調べをしていたことが少なからず役に立ったと思うので、記録しておきます。そして、どこのホテルかはもうブログに記載しているので、読んで下さっている方には判ると思いますが、ホテルに非はありません。ナッツは激しいアレルギーを起こす食べ物らしいのですが、アレルギーの無い人にとっては栄養があって美味しい食品ですから。ナッツは、ホテルだけでなく、飛行機内のスナックでもよく配られます。私も息子も、今までナッツアレルギーは無いと思って生活していました。だから、頂いたクッキーを、何も考えずに食べたのです。アレルギーは、今までは無くても急に発症することがあり、幼児の頃のアレルギー検査では判らなくても発症したり、大人になってからでも発症するそうです。こんなことも有り得るのか、という記録としてお読みいただけると幸いです。ーーーーーーーーーー★パース日本語医療センターについて今回お世話になったのは、パース駅から近いヘイストリートにある、日本語医療センターです。観光を含めた旅行だと毎日出歩くし、通常の生活よりも動き回るので、気持ちは楽しくても、身体はけっこう疲れます。今回は、そう遠くない範囲とはいえ移動もあったし、海にも入っていたので、旅の後半、疲れが出て体調を崩すことも有り得るかな?と考えて、実は最後のパースの宿は、この日本語医療センターから近いところにしよういうのが、ホテル選びの1つのポイントでもありました(まさか本当に行くことになるとは…)。Uberで向かったのですが、ヘイストリートは車が通れない道があり、病院の目の前で車を降りることができず、その通りに入る手前で降りたので、病院はどこ??と一瞬焦りました。近くを歩いていた方に聞いて、Googleで病院の地図と写真を見せたところ、「そこの電機屋さんの上じゃないかしら!」と連れて行って下さったので助かりました。道路から入って行ったところ(GF)は系列の病院が入っていますが、日本語医療センターは1つ上の階。緊急だったので予約なしで行きましたが、息子の様子を見て、すぐに受付の日本人スタッフの方々が対処して下さり、通訳として付き添いながら下の階のほうの病院へ移動し、すぐに外国人の先生に診察していただくことができました。クッキーの袋に書いてある原材料を見て、ナッツアレルギーでしょうとのことで、息子の喉や目を診察し、血圧を測り、抗ヒスタミン剤を飲ませて、また上の階に戻って様子を見ました。アナフィラキシーではないけれど、ナッツは症状が重く出るので、しばらく病院で休むことに。1階と2階を往復する間、久しぶりに息子を抱っこして移動したのですが(22㎏、重かった、、)、それでお腹を圧迫されたようで、上の階に戻ってから豪快に嘔吐。吐き出したかったアレルギーの原因物を出し、ここでかなりスッキリしたよう。そのあともう一回抗ヒスタミン剤を飲みました。息子は喉が苦しい、喉が気持ち悪いと言っていたので、気管にも発疹や腫れが出ていたよう。医師の質問に受け答えはできていたのですが、おそらく普段あまり病気をせず病院にいくことがないので緊張していたようで、自分はどうなってしまうんだろう?と怯えて大人しかった。その様子が、緊張で大人しいのか、アレルギーの倦怠感なのか、医師には判断できないとのことで、アドレナリン注射を打って、子供病院に救急車で搬送しましょう、との提案が。ただ、私が様子を見る限り、息子に聞く限り、抗ヒスタミン剤を飲んでからだんだん落ち着いて、目に見える皮膚の発疹は消えていたし、目の充血もおさまってきたので、別の病院へ搬送するまでは必要だろうか、、と悩み、医師と通訳の方と相談して、そのままここで休んで様子をみることに。部屋を1つ借りて、椅子に横になって、2時間くらい眠ったら、すっかり肌も目も白く戻り、元気になりました。喉の苦しさ、鼻の詰まりも消えていました。本人も、「もう大丈夫。モノポリーのパースエディション買ってくれたら自分で歩いて帰れる」と言っていて、どうやら旅行初日のパースで目を付けていた玩具を売っているロンドンコートが、この病院の近くにあると気付いていたようで(ぐったりしていたのに、いつの間にここがヘイストリートだと認識していたんだろう!?)、玩具を買ってもらう取引をするくらい元気になっていて安心しました。ただ、医師としては子供病院への搬送を勧めたので、「母の判断により、搬送をしません。この件に関して、医師を訴えません」という書類にサインをしてから帰りました。幸いこのあと抗ヒスタミン剤を飲む必要はなく旅を終えることが出来ましたが、開封したボトルの残りを頂いて帰りました。抗ヒスタミン剤は、ハウスダストや鼻炎などの軽いアレルギーでも使えるらしいので、4月のパースの花粉で鼻詰まりを起こしていることも考えられるため、もし鼻が苦しかったら飲んでください、とのことでした。日本語医療センターの日本人スタッフの方々は対応がとても速く、とても頼りになりました。通訳をして下さった方がいなかったら、もっと私が動揺していただろうと思うと…旅先で日本語で医療を受けられる有難みを本当に感じました。