Familytravelog

記事一覧(101)

胃炎に、中医の鍼とマッサージ。

息子の誕生日あたり、重めの外食、カップケーキやケーキなどを食べる日が続いていてランチもディナーもしっかり目の外食をしてしまった日から、急性胃炎になってしまいました。子供の頃からとても胃腸が丈夫で、息子が生まれる前によくアジアを旅していた頃もまったくお腹を壊すことがなかったもので、この年にして胃腸を悪くした時にどうしたら良いのかあまり知識がなく、すぐに治るだろう…と思っていたら、日に日に悪化。断食するのが良いと言われても、お腹は空くし、ちょっと食べると猛烈な胃の痛みに襲われ今日は大丈夫そうだと週末に出掛けて、どうしようもなく痛くてタクシーで帰る…という、健康を過信した駄目なパターン。でも、ウイルスでもストレスでもない、ただの食べ過ぎと原因はわかっているので、西洋医学では薬を貰うくらい。寝てばかりいたら、だんだん肩や首、腰が凝ってきて、雨期の急な雷雨もあって頭が痛い。でも胃が痛いから、頭痛薬は飲めない…あまりにつらかったのでそうだ!中国医療の鍼はどうだろう、と思いネットで調べると、ラッフルズや日本人会クリニック(会員以外でも受診可)でも鍼治療は受けられそうだけど残念ながらその日は日曜日で、たいていの病院は休診。タンジョンパガーに日本人にとても有名らしい鍼治療があったので連絡してみると、残念ながら当日は予約でいっぱい、翌日から5日間の連休とのこと。確か、ホーランドロードショッピングセンターにも、中医を見かけたことがあるような…と思い出し日曜日も開いていますように!と願いながら行ってみると、2階にありました。山東中医鍼灸推拿治療中心